【グローバル雇用ガイド】フィリピン編

Deelならフィリピンで簡単に従業員を雇用することができます。もう現地の法律や複雑な税制、給与計算を心配する必要はありません。Deelを利用したフィリピンでの平均的な雇用にかかる期間は3日です。

Yuki Iwamoto
Written by Yuki Iwamoto
2月 9, 2022

 

フィリピンで人材を雇用するためには、通常、事業体が必要です。つまり、現地オフィス、子会社として登録された住所、現地銀行への口座開設が必要です。さらに、福利厚生や給与計算、税制、人事労務に関する法律などを理解するのに数ヶ月を要することもあります。

また、フィリピンではコントラクターは正社員とは異なる扱いを受けるため、コントラクターの分類を誤ると罰金につながる可能性があります。Deelを利用すると、フィリピンにおける従業員の雇用を迅速かつ容易に、そしてコンプライアンスに則って行うことができます。また、税務書類の収集、給与計算、福利厚生なども自動化されています。

免責事項:この記事は法的アドバイスの代用にはなりませんのでご注意ください。行動を起こす前に、必ず関連する公式ウェブサイトを確認するか、法的アドバイスを求めてください。

Philippines

フィリピンの概要

通貨:フィリピンペソ (PHP)
首都:マニラ
公用語:フィリピン語、英語
給与の支払い周期:毎月

法定休日

有給休暇:
正社員は年に5日の有給休暇(PTO)を取得することができます。12カ月勤務すると1カ月あたり0.42日の有給休暇が発生します。年末までに休暇が消化されない場合は代金が支払われます。

祝祭日:
フィリピンでは18日間の国民の祝日と、従業員の居住地に応じた3日間の地域の祝日があります。そのうちの9日間の祝日だけが労働を伴わない祝日です。その一部をご紹介します。

・元旦
・旧正月
・聖(洗足)木曜日(イエスの最後の晩餐の日)
・聖金曜日
・バターン・デー(第2次大戦中、日本軍の攻撃によってバターン半島が制圧された際の犠牲者を偲ぶ国家行事)
・レイバー・デー
・イド・アル=フィトル(ラマダンの終わりを祝うお祭り)
・独立記念日
・イード・アル=アドハー(イブラーヒーム(アブラハム)がアッラー(神)の命令に従って自分の息子を犠牲として捧げようとした意志を称える祝祭)
・国民英雄の日(フィリピン独立に寄与した英雄たちを称える祝日)
・ボニファシオ生誕記念日(フィリピンの独立に尽力したアンドレス・ボニファシオの生誕記念日)
・聖母マリアの日(聖母マリアが、その母聖アンナの胎内に宿った記念日)
・クリスマス
・リサール記念日(フィリピンの国民的英雄ホセ・リサールの人生と功績を称える祝日)

税制一般

個人所得税:
個人所得税は0%から35%の範囲です。所得税は累進税率に従って計算されます。世帯の状況や子供の数など、複数の要素が税率全体に影響する場合があります。

雇用者負担:
雇用主負担は一般的に従業員給与の10%とされています。

 

Deelのプラットフォームを利用すると、現地の法律や複雑な税制、給与計算を心配する必要なく平均3日間でフィリピンで従業員を雇用することができます。詳細についてはぜひお気軽にお問い合わせください。

 

その他の情報

雇用契約内容:
契約は口頭でも書面でも可能であり、労働法に規定されるすべての現地の法律と規制を遵守しなければなりません。

最低賃金の要件:
フィリピンでは適用される最低賃金は地域ごとに設定されています。全国的な最低賃金はありません。適用される最低賃金は、雇用者の会社が設立されている地域によって決定されます。

労働時間・残業時間:
標準労働時間は1日8時間、1週間40時間です。標準的な勤務日は月曜日から金曜日までです。

残業代の支払いは必須であり、給与に含めることはできません。標準労働時間以外の時間は時間外労働とみなされます。超過勤務の場合、従業員には給与が支払われます。

・勤務日:時給の125%
・休日:時間給の130%

試用期間:
試用期間は標準で90日、最長で180日(6カ月)です。

賞与・経費支給:
13ヶ月目の賞与は必須、クリスマスの14ヶ月目の賞与は一般的です。

育児休業:
・出産休暇 -労働法では、最大105日の有給出産休暇を付与しており、さらに従業員がシングルペアレントの場合は2週間の追加休暇を付与しています。
出産休暇:従業員は7日間の有給休暇を取得することができます。
・父親の育児休暇 - 社会保険に3カ月以上加入している従業員は、5日間の有給出産休暇を取得することができます。この期間、従業員は給与の100%を受け取り、この給与は社会保障制度が負担します。

病気休暇:
従業員には病気休暇を取得する権利はありません。しかし実際には、雇用主は会社の自主的な方針または団体交渉の合意によって病気休暇を認めています。

フィリピンにおける従業員の解雇要件

従業員は労働法の定める正当な理由によって解雇されることがあります。雇用主は解雇を書面で通知する必要があります。
退職金は解雇の原因に応じて定義され、雇用期間1年ごとに0.5カ月から1カ月分の賃金が支払われます。

告知期間:
予告期間は最低30日で、雇用主の裁量で延長することができます。

退職:

退職金は解雇の原因に応じて雇用期間1年ごとに0.5カ月から1カ月の範囲内で定めます。

公正な免職:勤続年数1年につき30日分の給与、最大12ヶ月分の補償を基本とします。
雇用主からの人員削減:勤続年数1年につき給与の15日分(12カ月分まで)が補償されます。

 

Deelのプラットフォームを利用することで、フィリピンでの人材雇用のためにローカライズされた現地の労働法に準拠した契約書テンプレートにより、コンプライアンスを確保しながら契約書を即座に作成することができます。詳細についてはぜひお気軽にお問い合わせください。

Deelはリモートチームやグローバルチームの成長を容易にします。始める準備はできましたか?

+

国で

+

顧客

+

法律専門家

+

通貨