【グローバル雇用ガイド】インド編

クライアントがDeelのマスターサービス契約に署名し、EOR(従業員の派遣サービス)でその従業員を入社させる、これだけです。これでコンプライアンスに則った雇用が可能になります。Deelを利用したインドでの平均的な雇用にかかる期間は5日です。

Yuki Iwamoto
Written by Yuki Iwamoto
2月 1, 2022

 

インドで人材を雇用するためには、通常、事業体が必要です。つまり、現地オフィス、子会社として登録された住所、現地銀行への口座開設が必要です。さらに、福利厚生や給与計算、税制、人事労務に関する法律などを理解するのに数ヶ月を要することもあります。

また、インドではコントラクターは正社員とは異なる扱いを受けるため、コントラクターの分類を誤ると罰金につながる可能性があります。Deelを利用すると、ベトナムにおける従業員の雇用を迅速かつ容易に、そしてコンプライアンスに則って行うことができます。また、税務書類の収集、給与計算、福利厚生なども自動化されています。

免責事項:この記事は法的アドバイスの代用にはなりませんのでご注意ください。行動を起こす前に、必ず関連する公式ウェブサイトを確認するか、法的アドバイスを求めてください。

india

インドの概要

通貨:インドルピー (INR)
首都:ニューデリー
公用語:ヒンディー語、英語、その他
給与の支払い周期:毎月

法定休日

有給休暇:

最低有給休暇日数は15日です。

祝祭日:

祝祭日は、州(30州ある)、宗教などによって異なります。従業員には10日の有給祝日が与えられますが、これは政府が定めたものではなく、雇用者の裁量によります。

 

税制一般

個人所得税:

インドの所得税法は、新体制と旧体制の2つからなり、納税者はどちらか有利な方を選択することができます。平均すると両制度とも30%程度です。

雇用者負担:

雇用者が支払う税金の平均は従業員給与の14.46%です。

 

Deelのプラットフォームを利用すると、現地の法律や複雑な税制、給与計算を心配する必要なく平均5日間でインドで従業員を雇用することができます。詳細についてはぜひお気軽にお問い合わせください。

 

その他の情報

雇用契約内容:

雇用契約は書面でなければなりません。使用される言語は英語で、従業員と雇用主は選択した言語を理解できる必要があります。

最低賃金の要件:

インドでは最低賃金は最低賃金法に基づき州政府によって定められています。最低賃金は雇用形態、産業、従業員が働く場所など複数の要因によって決定されます。

労働時間・残業時間:

労働時間は従業員の活動内容によって異なります。標準的な労働時間は8~9時間で、一般的な週の労働時間限度は48時間です。

試用期間:

試用期間は標準で90日、最長で180日です。

賞与・経費支給:

月収21,000インドルピー未満の従業員には賞与を支払わなければなりません。賞与は対象額の8.33%から20%の範囲です。

育児休業:

インドの法律は出産休暇のみを対象としています。父親の育児休暇の場合、希望があれば雇用者の裁量で協定を結び、契約に反映させなければなりません。


・出産休暇 - 出産福利厚生法が適用されます。この法律により、従業員は26週間の出産休暇を取得することができます。出産休暇は出産予定日の前12カ月間に同じ会社で80日以上勤務した場合に全部支給されます。

・父親の育児休暇 - 民間企業には、父親の育児休暇に関する強制的な法律はありません。

病気休暇:
インドでは病気休暇は各州によって異なります。Deelの病気休暇は12日間です。傷病手当は1ヶ月に1日で、年間を通じて発生します。病気休暇は雇用主が100%負担します。

 

インドにおける従業員の解雇要件

解雇が不当な理由によるものである場合、退職金が発生する可能性があります。
相互の合意であれば、それを文書化する必要があります。

告知期間:
雇用主は3ヶ月以上勤務した従業員に対して、30日前の告知または代わりの支払いをしなければなりませんが、2ヶ月前告知がベストプラクティスです。試用期間中は15日前の告知となります。不祥事による解雇の場合は告知不要です。

 

Deelのプラットフォームを利用することで、インドでの人材雇用のためにローカライズされた現地の労働法に準拠した契約書テンプレートにより、コンプライアンスを確保しながら契約書を即座に作成することができます。詳細についてはぜひお気軽にお問い合わせください。

Deelはリモートチームやグローバルチームの成長を容易にします。始める準備はできましたか?

+

国で

+

顧客

+

法律専門家

+

通貨