Deelとのディールとは?

私たちの働き方が変わりました。リアルタイムでの、Zoomでのコラボレーション、新製品の設計、世界中のどこからでも(バーチャル)イベントへの参加が可能になりました。

1つの大きな問題は、グローバルなチームを雇い給与を支払うためのツールが追いついていないことです。グローバル雇用は面倒な場合があります。紛らわしい現地の法律、複雑な税金、さらには多額の罰金(あなたがそれを正しく理解していない場合)があります。

当社の最初の顧客: Ashutosh
Our first client:
Ashutosh
Arrow
Move To Next Move To Next
2019年

すべてがうまくいった年

海外で従業員を雇用するのにいまだに数か月かかるのはなぜでしょうか?現地の法律を気付かずに破ることなく、どのようにコントラクターを雇用していますか?そして、これらのすべてに優れたツールがないのはなぜなのでしょうか?

Deelでは国境に制限されない世界中の労働力を想定していますが、これを実現するためにいくつかの変更を加える必要がありました。そこで、これらの問題に取り組み、リモートチームの成長を可能にするツールを作成するために、振り出しに戻りました。

Where it all began: Y Combinator
すべてが始まった場所
Y Combinator Arrow
Move To Next Move To Next
2019

世界的な労働力を実現する

これらの問題を解決することで、世界中の何千もの仮想ドアを開くことができるとすぐに気付きました。これはより多くの場所からより多くの企業が素晴らしい才能を雇うことができることを意味したのです。そして、より多くの地域の人々が彼らが望む仕事を得ることができました。世界中の誰もがついにどこでも働くことができるようになったのです。

Map Move To Next Move To Next Move To Next
2020年

業界最高の企業に支えられています

Deelはグローバルな給与支払いとコンプライアンスのマーケットリーダーです。Andreessen Horowitz、Spark Capital、Y Combinator、Elad Gil、Nat Friedman、Alexis Ohanian、そしてDaniel Grossから5,000万ドルが調達されました。

Backed by the best in the business Move To Next Move To Next Move To Next
2021年

Deelは、世界中のリモートチームから信頼されています

Deelは、何千もの企業がローカルに準拠した契約を作成し、グローバルチームに希望の通貨と支払い方法で支払い、150か国以上でコンプライアンスへの準拠を維持するのを支援してきました。1つの強力なダッシュボードを使用して、数回クリックするだけですべてを実行できます。

Deel is trusted by remote teams from all over Move To Next Move To Next
2021年

ユニコーンの領域に正式に参入しました

シリーズCの1億5,600万ドルが調達され、Deelの評価額は24か月足らずで12億5000万ドルに達しました。例えばYC ContinuityのAli Rowghan(以前はTwitterのCOO、PixarのCFO)が役員会に加わり、Dara Khosrowshahi、Lachy Groom、Jeffrey Katzenbergなどの驚異的な新規投資家も加わりました。

Unicorn
Move To Next
現在

シリーズD

Coatue社が主導するシリーズDで4億2500万ドルを調達し、Deelの評価額は55億ドルに達しました。シリーズDでは、仕事の未来を形作るために、いくつかのエキサイティングなことに焦点を当てていきます。Deel Premiumの立ち上げに始まり、企業を偽装請負のリスクからさらに保護し、Global Payrollを世界中のすべての企業に提供し、Open APIをリリースし、従業員の雇用を容易にするために、合計80のDeel所有の現地法人を開設します(すでに60を開設)。

hands

こんにちは

グローバルチームを雇って給与を支払うためのシームレスなダッシュボード

Dashboard

チームやDeelに「私」はいません

グローバルな起業家集団として、私たちは問題を構築して解決するのが大好きです。90以上の自己主導型のチームはテクノロジーによって統合され50か国以上にまたがっていますが、多様な文化により常に学習と改善を続けています。

Self-Driven Team - 1 Self-Driven Team - 2 Self-Driven Team - 3 Self-Driven Team - 4 Self-Driven Team - 5